【死別】30代で未亡人・3人の年子シングルマザー

死別シングルマザー

31歳で未亡人になってしまった。0歳、1歳、3歳のシングルマザー。3人の子供を残し、29歳の若さでこの世を去ってしまった夫。人生について書いています。

【30代で未亡人】3人のシングルマザーに

29歳、子供が生まれたばかり、夫は突然死んでしまいました。私31歳、3人の子供とこの世に取り残されました。

 

日本で国際結婚して2人目出産後アメリカに渡り、3人目が生まれてすぐのこと。異国に取り残された私は夫が亡くなった翌日、日本の家族に来てもらい、最低限の手続きを終わらせて日本に帰国。

 

夫が亡くなり心から本音を言える人を失った

私はまわりの人や環境に気を遣い疲れるタイプで一人でいることが好きな性格。友達も少なく夫は私にとって唯一本音で付き合える人でした。

 

他人といると疲れてしまう。一人でいることや一人旅が好き。そんな私が家族や親せきに頼りながら3人の子供を育てるシングルマザーになってしまったことに、動揺しています。なにをするにも誰かを頼らないといけない。

 

せめて子供がもう少し大きければ…

 

夫と死別後身動きが取れない状態

夫が生きていたころはアメリカで専属のベビーシッターさんを雇い、主人との自営業で生計をたてていました。ベビーシッターさんには日本円にして月17万、家の家賃やお店の家賃とか、月々のいろんな支払いに追われながらそれはそれで大変だったけれど…今は家族や親せきに頼りながら、お金の心配は減ったかもしれないけど、息苦しさを感じます。

 

シングルマザーという実感

まだ自分が3人のシングルマザーになったという実感がないのか、それに関しての不安はあまり感じません。実の母親がずっとそばにいて、父親が経済的支援をしてくれる。そういうことが私の不安を取り除いてくれるのだろうけど、支払いに追われていた夫との生活とどちらがいいかと言ったら、別次元のような気がする。どっちがいいとかではないんじゃないかな。

 

 


誰にも理解してもらえない

死別したことでまわりからの対応が変わったか?

みんながやさしくなったと思う。傷ついている人や不幸な人へ、人々って集まってくるのだと思います。幸せな人への関心は薄い。

 

家族や親せき、友達には私と同じような経験をした人はいないので、インスタとかで「死別」「死別シングルマザー」「死別した人と繋がりたい」などハッシュタグつけて同じ境遇の人をさがしてみたりして。少しだけ、死別繋がりができた。

 

やっぱり、同じ経験をしている人でないと、理解してもらうことは難しい。たとえ理解してくれているのだとしても、「どうせこんな経験したことないんでしょ」というように感じてしまう。

 

たまに、「私もおばあちゃんが亡くなって」とか、「親が亡くなった」、「わかるよ、気持ち」とか言ってくる人もいた。でも、おばあちゃんとか親って、自分より先に死ぬのはだいたい予測つくよね?生まれたばかりの子供たちを残して旦那さんがいきなり死んだ人の気持ち、本当にわかる?同じ気持ち??

 

30代でシングルマザー、これからの人生やいかに

なかなか本音を吐き出せる場がないので、子供の昼寝時間、朝早く起きたときとかにブログに書き綴っていこうと思う。