親を亡くした子供の心理とは?心のケアの方法

死別シングルマザー, 母子家庭の子育て

幼少期に親を亡くした子供の心理を考えています。私の子供は0歳、1歳、3歳の時に父親を亡くしたことになります。私自身31歳で最愛の夫を亡くして半年が経ち、ようやく子供への対応、心のケアなどについて考える気持ちの余裕が少し出てきました。ネットで死別関係の色々な情報を見ているだけでまだ涙が出てしまいますが、繊細なところは逃げずにしっかり考えておくべきです。

残された私の人生どう生きるか、亡き夫との3人の子供たちにはどうしても幸せな人生を送ってほしいと心から願います。

親を亡くした子供は不幸せか?

親を亡くした子供、すなわち私の子供が不幸せかという問題は「ノー」と答えたいです。確かに両親が仲良くそろっている家庭で育つに越したことはありません。

 

ですが自分の子供(まだ1歳と3歳ともうすぐ4歳)の人生が幸か不幸かなどとは決めつけたくはありません。少なくとも私や亡き夫からの深い愛情を感じて育ってほしいと願います。

 

 

亡くなった父親からの愛情は子供にどうすれば伝わるか

親を亡くした子供の心理 心のケア 死別

亡くなってしまった人からの愛情を感じることは難しいことだとは思います。そのためには生きている私がパパの子供に対する愛情、生前どう子供たちと接していたか、かわいがっていたということを言葉にして伝え続けるべきと思っています。

 

前回の記事でもお話ししましたが、例えば亡き夫の誕生日、命日、父の日など、夫の写真や動画、よく使っていたものなどを見せながら、夫の話を子供たちとみんなでしていきたいなぁと思います。

 

今はまだそんなことしたら号泣してしまうと思いますが、少しずつ習慣にできたらなと思います。




まだ0歳だった息子へパパの愛情を伝えられるか

親を亡くした子供の心理 心のケア

どうしても男の子がほしいと願っていた夫。3人目で待望の男の子が産まれ、本当に幸せそうでした。夫が亡くなったのは、長男が生後5か月のときでした。

 

亡き夫が名前をつけ、出産も立ち会いました。逆子で帝王切開だったのですがアメリカでしたので手術に立ち会うことも出来ました。私と長男のへその緒を切ったのも夫です。(アメリカはパパがへその緒を切る習慣がある)

 

親を亡くした子供の心理 心のケア

 

話はそれましたが、たった5か月でしたが、長男は夫からの深い愛情のなか育ちました。その息子に父親からの愛情をきちんと伝えていけるか、愛情深い子に育てられるか、少し不安ですが私が伝えていくしかないのだなぁと感じます。

 

 

これから変化していくであろう子供の心理

私は夫を亡くした妻の立場であります。子供たちは、親を亡くした子供の立場。心理状況は全く違いますよね。私の両親はいまでも健全です。親を亡くした子供の立場にはなることはできないので、なかなか理解することは難しいです。

 

今振り返ると、大学生の時に「3歳で母親を亡くした」友達がいたり、私のおじいちゃんが「3歳の時に父親を亡くした」ことを知ったり、中学生の時に「父親を亡くした」友達がいました。

 

自分の子供の心のケアについてもっと深く知っておきたいので、経験者に話を聞きたい気持ちはあります。でも改めて「親を亡くしてどう思う?」なんてなかなか聞きづらいです…。

 

おじいちゃんはすでに他界しています。もっと昔にこのことについて話してみたかったなぁと今は思います。でもまさか自分(の子供)が同じ状況になるとは全く想像もしていなかったので、そのことについておじいちゃんと話すことはなかったのは仕方のないことです。




親を亡くした子供の心理とは?心のケアの方法 おわりに

親を亡くした子供の心のケアはなかなか難しく繊細なものです。

 

今はシンプルに、子供にどう育ってほしいか考えてみました。

 

今は漠然と…子供には強くたくましく育ってほしいなと思います。あとは、命を大切に、「全員が長生きすることはあたりまえではない」ということを感じながら生きていってほしいです。

 

強く明るくたくましく、育ってくれればと、今は思います。

 

それをどう伝えていくか、子育てに関しては、今後も考え続けるテーマです。