死別シングルマザー保育園申請【1歳2歳3歳の子育て】

保育園事情, 死別シングルマザー

夫と死別後1か月間で市役所から1歳2歳3歳の保育園申請の認定書類が届きました。人によって保育園料がいくらか全然違うみたいですが、私の場合は0円になりました。0円となってもかかる費用はあります。実際に通わせてみてかかってくる費用や3人を保育園に通わせるとふりかかる問題などもお話しします。

死別シングルマザー保育園申請

死別シングルマザー 保育園申請 0歳児

夫が突然の事故で亡くなりました。それまで夫婦で自営業を営みベビーシッターさんを雇って私も手伝っていましたが、私は結婚前から夫が経営していた事業の手伝い程度しかしていなかったので私一人でやっていくことはできません。

 

これからは3人の子供を1人で育てていかなくてはなりません。夫が生きていたころは自営業で夫婦共々頑張っていましたが、正直経営不振状態のまま夫は突然亡くなり、何も残してくれていません。

 

とにかく働かなくては実家の家族にも迷惑をかけっぱなしになるし、すぐに保育園申請を市役所でしてきました。

 

保育園申請時に記入する希望保育園

死別シングルマザー 保育園申請 0歳児

認可保育園の申請は市役所で行いますが、申請書に通わせたい保育園の第一希望、第二希望、第三希望まで記入する欄があります。まずは自分で近くの保育園を探して、自分の子供の年齢で空きがあるのか電話をしました。

 

住んでいる地域によっては市役所が教えてくれるところもあるのかもしれません。

 

特に当時0歳児だった一番下の子の保育園探しは大変でした。認可保育園、無認可保育園、何か所も直接電話をして0歳児で空きが見つかったのはたった1つの保育園でした。

 


0歳児は特に厳しい保育園探し

死別シングルマザー 保育園申請 0歳児

0歳児である末っ子が通うことになった保育園は新しく、その年にできたばかりでまだ認知度が低い、無認可保育園で。無認可なので市から補助金が出ない保育園です。

 

現在も一番下の子はその保育園へ通っていますが、保育料は月約4万円(入学金等を除く)です。正直3人を育てながらパートで稼ぐとなると毎月やっとプラスになるくらいです。

 

0歳児は受け入れている保育園の数も1歳児や2歳児より少なくなります。元々働きたいママ、妊娠中から働こうと決めて保育園探しを始めているママが保育園確保のため、早くから申請している場合がほとんどです。私のように急に夫と死別し働かなくてはならなくなってしまった状況だと、保育園の空きを見つけるのが更に厳しくなります。

 

無認可保育園でも補助金が出る保育園もある?

新しく制度が変わり、無認可保育園でも毎月2万円ほど市から補助金が出る保育園もあります。私の末っ子の通う無認可保育園は補助金はでませんが、まずは認可保育園→無認可保育園(補助金の出る保育園)→無認可保育園(補助金が出ず、最終手段)この順番で保育園探しをすることをお勧めします。

 

保育園3人とも来年度から0円に

来年度には3歳、2歳、1歳の年になり、末っ子1歳児の保育園申請も認定され、1歳児の保育園も決まり、無事3人とも0円で保育園に通うことができます。

 

ただし、現在0円で通っている上2人の保育園でかかっている費用は実際0円ではないんですよね。何かしら色々な集金があります。長くなってしまったので、次回の記事でお話しします。