死別後の姓いつまでに決める?子供がいる場合の姓の考え方

死別後の姓

子供がいて死別された方は、死別後の自分の姓、子供の姓をどうするか悩まれると思います。私31歳、子供4歳以下3人のときに29歳の夫と死別したシングルマザーAmyです。死別して8か月が経ちました。姓についてまだ悩んでいます。自分の姓、子供の姓をどうするかは簡単にできる決断ではありません。考慮すべきことがたくさんあります。

 

死別後の自分と子どもの姓は別々の場所で手続きをする

姓については離婚と死別では手続きの期限なども違うようです。

 

住んでいる自治体により決まりが違うと思いますので、私と同じように姓について悩まれている方は役所にも相談されてみることをお勧めします。

 

 

私もネットで調べたり役所で聞いてみたりしましたが、死別は離婚よりもケースが少ないからか役所で担当された方とネットの情報が違ったりもしました。

 

役所で問い合わせる場合は1人の担当の人が伝えてくれる情報が間違っている場合があります。姓を決めるにあたって今後の人生が大きく変わってくるので、何度か問い合わせてみるなりする方が良いと思います。

 

私の住んでいる地域では、死別後の自分の姓の変更は役所で出来、子供の姓の変更は家庭裁判所で申請できるそうです。

 

 

別の記事で具体的な姓の変更の手続きの仕方についてお話ししましたので、今回は死別後の自分と子供の姓の考え方について掘り下げてみたいと思います。




 

死別後の自分の姓の考え方は?

自分(シングルマザー)の姓の考え方は、死別した年齢や、今後再婚を考えているかどうか、相手の家族の意見が大きく関わります。

 

例えば死別した年齢が20代や30代で若く、今後再婚の可能性があるのなら、自分の姓は旧姓に戻す方が良いという考え方があります。

 

(実際私も自分の考えが決まっていないのでネットで調べた情報などを参考にしています。)

 

死別後の姓 考え方 子供 いつまで

 

なぜ若い時に旦那様と死別をしたら旧姓に戻る方が良いのかまとめます。

 

死別後の姓 考え方 子供 再婚の時に戸籍上、死別した旦那様の姓→再婚相手の姓となる

これは戸籍上の問題で、例えば再婚相手と離婚や死別をすると、戸籍上の1つ前の姓になるので、はじめに死別した旦那様の姓に戻ることになる。

 

死別後の姓 考え方 子供 まだ20代や30代だと今後再婚の可能性が高い。

 

死別後の姓 考え方 子供 再婚相手に、なぜ旧姓に戻さなかったのかと言われるケースがある。

 

40代、50代で死別をすると再婚の可能性が若い人に比べて少なくなる傾向にあるようです。子供がいなければ旧姓に戻す人がほとんどだと思いますが、姓は子供がいると考えなければならないことが多くなります。

 

死別後の子供の姓の考え方は?

死別後の姓 考え方 子供 いつまで

子供がいて死別をすると、相手の家族との話し合いは必要不可欠です。

 

私の場合もそうですが、自分の実家の家族は旧姓に戻すことを望む人もいると思います。離婚の場合は子供と一緒に旧姓に戻る人は一般的ともいえますが、死別の場合は子供の父親である夫の意見を聞けないままの人もいると思います。

 

この場合には子供の父親である亡くなった夫の両親の意見を聞くことになる場合が多いと思います。

 

子供の姓の考え方は、子供がまだ未就学児であったりすると子供の意見を聞くことができません。自分や両親、義理両親の意見交換が必要です。




 

死別後の姓いつまでに決める?子供がいる場合の姓の考え方 おわりに

私自身まだ自分と子供の今後の姓について答えが出ません。

 

子供はまだ全員4歳以下です。子供の意見を聞きたいけれど、真剣な話し合いができるのはまだまだ先になりそうです。今はただやんちゃな保育園児なので。

 

でも最近4歳になる長女が、「パパいない」とか「パパいつもかっこいい」など、パパの話をするようになりました。娘たちから「パパ」という単語を聞くだけで、胸がしめつけられる思いです。