【母子家庭休日の過ごし方】シンママのみんな子供と何して過ごす?

死別シングルマザー, 母子家庭の子育て

母子家庭のみなさんは休日どのように過ごしていますか?私は3人の幼い子供を持つシングルマザーです。子供が0歳、1歳、3歳のときに夫と死別をしています。

先日、同じくシングルマザーの友達から、「母子家庭の休日はつらいものだ」と相談されました。多くの母子家庭のみなさんはなぜ休日つらいと感じているか?母子家庭にとって休日をどのように過ごすと有意義になるのか、考えてみました。

母子家庭のみんな休日どう過ごしてる?

私は30代前半で、友達はほとんどまだ新婚か、独身です。旦那さんと離婚、ましてや死別を経験している知り合いはほどんどいません。

 

 

私の家庭状況を知っている「離婚した友達」「離婚しそうな友達」から相談を受けることがあります。

 

先日は日曜日のお昼頃、突然前々から「離婚しそう」と相談を受けていた友達から電話がありました。こちらも保育園と幼稚園に通う子供のお昼ご飯の準備などをしていたのであまりゆっくり話せませんでしたが、「ヘルプ」が必要な友達の電話をすぐに切る気持ちにもならず、話しを聞きました。




母子家庭の休日はなぜつらい?

母子家庭 休日 過ごし方 シンママ

その友達はちょうどその子の七ヶ月の娘ちゃんと公園まで歩いているところでした。私と違って子供は1人、まだ会話もできない七ヶ月の女の子の赤ちゃんです。

 

私のように日々仕事や3人の子供の世話に追われていれば、「寂しさ」や「孤独」、「パパのいる他の家族と比べる」このようなことを考える時間もないと思います。

 

ですがまだ離婚前、仕事もしていなく専業主婦なので時間もある、子供は1人でまだ乳児、会話をする相手もいないという状況だとやはり先ほどのようなことを考えてしまう時間がたっぷりできてしまうのではないでしょうか。

 

赤ちゃんと2人だけで休日公園には行くな?

この友達は、このようなことを電話で話してくれました。

 

公園や公園までの道のり、帰りのスーパーにはパパとママのいる赤ちゃんが幸せそうにベビーカーに乗っている姿を見るのがつらい。

 

パパがいたら休日の過ごし方も違ったのかな。

 

他の幸せそうな家族と比べてしまう。

 

私が思うに、「幸せそうに見える家族」は本当に幸せなのか?ということです。

 

みなさんは浜崎あゆみさんの歌で、「appears」という歌をご存知ですか?

 

私は中学生や高校生の頃からこの歌詞にとても共感していました。

 

恋人たちは とても幸せそうに
手をつないで歩いているからね
まるですべてのことが
うまくいっているかのように
見えるよね

真実は二人しか知らない

 

私の親は私が8歳のときに父親の浮気で離婚しています。理想と現実は違う。ものごとを冷静に見るようになっていました。

 

話は戻りますが、休日に子供と公園に行って、「幸せそう」な家族を見ても、比べることも悲観することもまったくありません。

 

幸せの基準は自分で決めていきましょう。「幸せ」の感じ方は人それぞれ。何をしたら子供が幸せを感じるか、何をしたら自分が幸せを感じるのかにフォーカスして生きていきましょう。

 

 

目の前の目に見えることにとらわれないこと

母子家庭 休日 過ごし方 シンママ

私は将来、子供といろいろなところに旅行へいったり、好きなことをして思いきり楽しみたいです。私が好きなことは国内旅行や海外旅行なので、世界の色々なものを見たりそういったことを子供とも共有できたらなぁと思い、今は仕事や貯金をがんばっています。

 

もちろん子供が私のように旅行好きになるかはわかりません。子供がどんなことが好きになるか、楽しみでもありそれを思いきりさせてあげられるような環境を作れたらと思います。

 

目の前にいる「幸せそうな他の家族」はあなたに見える幻覚、幻想かもしれません。汚い部分は見せないのがほとんどの人間です。

 

目に見えるものだけにとらわれないブレない気持ちを持つことが、母子家庭には必要です。




おわりに

離婚や死別をしたばかり、離婚をしそうな状況の人にとっては、「他の家族」と比べてしまうこともこの先あるかもしれません。ですが先ほどお話ししたように、「幸せそう」に見えるだけかもしれない、「自分は自分」「自分の幸せは自分で決める」「ブレない強い気持ち」を持つようにしてみると、どんな場所でも悲観的にならずにいられるようになると思います。